おすすめランドセルの選び方!! 人気ブランド10選とともにご紹介

スポンサーリンク

来年度の新一年生を迎えるお子さんをもつご家族のみなさん、

ランドセルの準備は出来ていますか?

ランドセルを買う時期が年々早まり、もうすでにやって来ていますね!

お気に入りのランドセルを購入するには、早めにラン活(ランドセル購入活動)したいものです。

でも、初めて準備されるご家族は、ラン活するにも「どんなランドセルを選べばいいのか

分からない!」というご家族も少なくないでしょう。

そんなラン活中の皆さんに、ランドセルの選び方を、デザインや価格、機能性なども踏まえ、

おすすめする工房系や大手ランドセルメーカーをご紹介します。ぜひ参考にしてください♪

 

スポンサーリンク

ランドセルの選び方って!?

新一年生といってもまだまだ体は小さく、子ども達としては、やはり軽くて機能性があり、

なんといってもおしゃれなランドセルは欲しいですよね。

そして6年間使える軽くて丈夫なものを選びたいですね。

ランドセルの選び方として押さえておきたいポイントは

「おしゃれ(デザインやカラー)」「重さ」「機能性」「価格」「素材」

の5つです。そして、なにより重視したいのは、子どもの肩や背中に重量を分散させ、

からだへの負担を減らす機能があるものを選ぶことが大切です。

では、詳しく見ていきましょう。

おしゃれなランドセルとは?

おしゃれといえばまず重視されるのがランドセルの色です。男子と女子では人気の色も違います。

【男の子が好む人気の色】

1位:ブラック

2位:ネイビー、

3位:ブルー

男の子は、なんといってもブラックがダントツの1位、これは昔から男子は黒というイメージが

定着しているのも選ばれる要因でしょうね。

【女の子が好む人気の色】

1位ピンク系

2位パープル(紫)系

3位レッド(赤)系

昔は、男子は黒、女子は赤というイメージがありましたが、今では色を選ぶのも

自由な時代です。

なんといっても女の子は可愛い系の色を好みます。工房によっては、

紫色系のランドセルが1位と人気が高まっています。

 

ランドセルの重さは素材による!?

ランドセルの平均的な重さは『1,100g~1,300g』です。

この重さを目安にするといいです!!

ランドセルの素材は、「軽量」と「耐久性」を兼ね揃える「人工皮革(ひかく)」と

「牛革(ぎゅうかわ)」が人気です。

特に軽量で人気のあるのが「クラリーノ人工皮革」で、900g~1,200gと軽量です。

一方「牛革」は耐久性に優れ、1,200g~1,400gと頑丈ですがやや重です。でも高級志向の

方にはとても人気があります。

その他にも「コードバン(馬革)」があり、1,300g~1,500gでとても頑丈な鞄となります。

ランドセルの中身は教科書やノートに筆記用具など入れると4㎏以上になることもあります。

ランドセルの選ぶポイントは、『重くても背負いやすく、重く感じない工夫』がされている

ランドセルを選んであげることが大切ですね。

 

ランドセルの容量と機能性とは?

現在の教科書は『国の教育指導でA4サイズの教材』に決定しています。そのため、

現在のサイズは『A4クリアファイルサイズ』に対応したランドセルが多くを占めています。

チェックするポイントは『内寸23.3×31cm以上』で『A4フラットファイル』に対応

しているものです。最新のランドセルは標準対応となっていますが、古い型のランドセルを

購入するときは、内寸の横幅が23cm以上あることを、しっかり確認してくださいね。

機能性については、背負いやすいパーツや防犯ブザーなどをつける金具、暗い場所でも

確認できる反射ベルトなど、各工房ともにたくさんの機能が設けられていますが、

購入の際は念入りにチェックしましょう。

ランドセルの価格は!?

ランドセルの平均的な価格帯は『5万円~6万円』です。

そして、素材や機能性を追求することで価格は大きく違ってきて、10万円以上するものまで

販売されています。

価格重視でお考えの方には、軽量で機能性や耐久性にも優れている『人工皮革』がおすすめで、

少しおしゃれに高級感があるものを選ぶのであれば『牛革』がおすすめといえます。

◆「4万円以下」と価格重視で選ぶランドセル。

主に人工皮革で軽いタイプのランドセルです。装飾は少ないが国内産や工房系の新しいモデルで

大切に使えば6年間長く使えます。

◆「5万円台~6万円台」人気の価格帯から選ぶランドセル。

最も人気のある価格帯です。色も豊富で、機能性にも優れています。素材は人工皮革および

牛革で作られていて工房系で人気があります。受注生産が多いので早めの予約が必要ですね。

◆「7万円以上」高級志向の方が選ぶランドセル。

素材は牛革製品が多く、より高級な鞄となれば『コードバンなど高価な天然皮革』で作られる

ものまであります。職人さんの手縫いが多く、デザイン性が高くとても丈夫です。

 

ここまで、ランドセルの選び方についてご紹介しましたが、実際にランドセルを背負うのは

お子様ですよね。

お子さまがどれくらいの時間ランドセルを背負うことになるのか、一度通学路を一緒に歩いて

時間を計ってみるのも選ぶときに参考になりますね。

 

通学時間の長さによって、お子さまのための機能の優先順位がかわってきます。

時間が多くかかる場合には、肩や背中に重量を分散させ、からだへの負担を減らす機能が

あるものや、背中に夏の汗ムレを防ぐ機能があるものなど、慎重に選んであげてください。

 

こだわりの逸品!!人気の工房系ランドセルをご紹介

工房系のランドセルは、職人が丁寧に作り上げるこだわりの鞄です。素材や機能性、

そして独特のデザインなど、工房系ならではの仕上がりですね。

ここでは、工房系メーカーで特に人気のあるランドセルをご紹介します。選ぶときの参考にして

ください♪

スポンサードリンク

 

土屋鞄

工房系ランドセルの中でも特に有名なのが『土屋鞄』です。

子どもの肩に優しい、ランドセルの体感重量が軽く感じる『立ち上がり型背カン』を採用する

ほか、オシャレなカラーバリエーションとラインナップも豊富です。

買ってよかったと評価も高い、本革(ほんかわ)ランドセルとして、とても人気があります。

素材:人工皮革、牛革、コードバン

機能性:A4フラットファイルに対応、6年保証

価格帯:64,000円~140,000円

公式HP:土屋鞄ランドセル(外部リンクに飛びます)

 

鞄工房山本

鞄工房山本の特徴は『コバ塗り』という技法で、革の裁断面にニスを塗って磨くことで美しく

仕上げる方法を取り入れています。より美しく上品なシルエットを生み出すおしゃれな

ランドセルです。カラーリングも豊富なのが嬉しいですね。

素材:人工皮革、牛革、コードバン

機能性:A4フラットファイルに対応、6年保証

価格帯:50,000円~190,000円

公式HP:鞄工房山本ランドセル(外部リンクに飛びます)

 

村瀬鞄行

1967年創業の老舗です。職人が作る丁寧な仕上げで、やんちゃな男の子には丈夫なランドセル、

女の子には可愛いデザインに背負いやすさと、子ども達に向き合って作られています。

本革のランドセルがおすすめです。

素材:人工皮革、牛革、コードバン

機能性:A4フラットファイルに対応、6年保証

価格帯:68,000円~120,000円

公式HP:村瀬鞄行ランドセル(外部リンクに飛びます)

 

カバンのフジタ

光るランドセルで人気のフジタの鞄です。本革ランドセルがメインで、雨にも強い仕上がりです。

子どもが背負いやすく軽量化でキューブ型と重さにもこだわりがあります。職人さんが丁寧に

作る、子どもファーストのランドセルです。

素材:人工皮革、牛革、コードバン

機能性:A4フラットファイルに対応、6年保証

価格帯:54,000円~98,000円

公式HP:カバンのフジタ(外部リンクに飛びます)

 

萬勇鞄

工房系ランドセルは、比較的シンプルで機能性に重点を置く製品が多いですね。萬勇鞄は

機能性に独自の刺繡(ししゅう)など模様が描かれているものも多くあります。

清潔でおとなしめのデザインが可愛いと人気です。

素材:人工皮革、牛革、コードバン

機能性:A4フラットファイルに対応、6年保証

価格帯:54,000円~110,000円

公式HP:萬勇鞄ランドセル(外部リンクに飛びます)

 

池田屋

シンプルなデザインに、こだわりぬいた機能性は、池田屋が誇るオリジナル技術です。

6年間子どもを見守り続けます。

素材:人工皮革、牛革、コードバン

機能性:A4フラットファイルに対応、6年保証

価格帯:50,000円~98,000円

公式HP:池田屋ランドセル(外部リンクに飛びます)

 

余裕をもって選べる!?大手メーカーのランドセルをご紹介!

大手メーカーといえばランドセルの生産数が多い事から、在庫を心配することもなく、

余裕をもって選ぶことが出来ます。店舗数も多い大手メーカーの中でも、

特に人気のあるブランドをご紹介します。

 

セイバン(天使のはね)

大手メーカー製のランドセルとして業界トップの『セイバン』です。認知度も高く、

ランドセルの年間生産数も非常に多い人気メーカーです。子供の背負いやすさを

追求したパーツ『天使のはね』は最高の背負い心地と評判です。

素材:人工皮革、牛革、コードバン

機能性:天使の羽パーツ、A4フラットファイルに対応、6年保証

価格帯:43,000円~85,000円

公式HP:セイバン天使のはね(外部リンクに飛びます)

 

フィットちゃん

子供の背中にフィットするので『フィットちゃん』です。強度の高い人工皮革製の

ランドセルがとても人気です。

2021年度から牛革ランドセルも販売されているので、さらに人気が高まることでしょう。

在庫も安定しているので、余裕をもって選ぶことが出来ますが、本革製品やオーダーメイドは

売り切れが予想されますので早めにご予約確認してください。

素材:人工皮革、牛革、コードバン

機能性:A4フラットファイルに対応、6年保証

(オーダーメイドあり)

価格帯:55,000円~79,000円

公式HP:フィットちゃんランドセル(外部リンクに飛びます)

 

ランドセル イオン

近年、進化し続けるイオンのランドセル。素材は人工皮革(クラリーノ)で強度や

背負いやすさは申し分ありません。お手軽な上にお手頃な価格が人気ですね。

さらに、有名メーカーの限定モデルも販売されているので要チェックですよ。

素材:人工皮革

機能性:A4フラットファイルに対応、6年保証

(要確認:オーダーメイドあり)

価格帯:33,000円~70,000円

 

ふわりぃ

ブランド名『ふわりぃ』と言われるとおり、軽さは抜群でデザインが可愛いと女の子に

喜ばれるランドセルです。素材は人工皮革だけなので、強度や性能など細かくチェックして

選ぶといいです。

素材:人工皮革

機能性:A4フラットファイルに対応、6年保証

価格帯:39,000円~66,000円

 

まとめ

  • ランドセルは6年間使い続けます。丈夫で保証の長いものを選びましょう。(6年保証)
  • 選ぶポイントは『おしゃれ・重さ・機能性・価格・素材』の5つです
  • ランドセルの平均的な重さは『1,100g~1,300g』です。
  • ランドセルは素材によって重さも価格も違います。
  • 機能性として『A4フラットファイル』に対応したものを選びましょう。

 

ランドセルは毎年購入時期が早くなっていると言われています。これは、

人気の工房系のランドセルは受注生産が多いので、いち早く申し込まれるご家庭が

増えているのです。

これから購入をお考えのご家族は、お気に入りのランドセルを見つけるためにも、

早めにラン活したいところですね♪

子どもが6年間毎日使うランドセルです、通学時間の長さによって、お子さまの負担に

ならない機能など最優先して選ぶことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました