初心者も始めやすいスロージョギング!ウォーキングとどこが違うの?

スポンサーリンク

仕事や家事で忙しいと、毎日外に出ていても、意外と運動不足になりがちですよね。

 

「最近体重も増えてきてしまっているし、そろそろ何か始めないと!」

「でも運動は苦手。簡単にできるものが知りたい」

 

そんなあなたのために、いい運動方法がありますよ。

 

それは、ウォーキングでもジョギングでも、ランニングでもなく、

スロージョギング」というものです!

 

私自身、運動は苦手ですが、歩き方や走り方などを工夫して、日常生活に

ちょっとした運動を取り入れています。

 

スロージョギングは、私のように「運動が得意ではないけれど、

体型を引き締めて体重を落としたい」という人にピッタリな運動といえます。

 

今回の記事では、ウォーキングとスロージョギングとの違いや、メリットや

効果などに焦点をあててご紹介いたします。今すぐ始めて、健康的な体型を

手に入れちゃいましょう!

 

 

スポンサーリンク

スロージョギングって効果あるの?メリットや走る速さは?

スロージョギングでは、ジョギングよりもゆっくりで、人と楽しく会話が

できるくらいのペースで走ります。「疲れにくいのに効果が期待できる運動」

として、ダイエットしたい人からも注目されています。

 

メリット

・初心者でも始めやすく、継続しやすい

スロージョギングは、効率よく脂肪を燃焼させることができる有酸素運動です。

運動後の疲労感はウォーキングと変わらないのに、エネルギー消費量は

ウォーキングの約2倍といわれています。

 

また、スロージョギングを続けると、自然に筋力や体力が付いて、

そのうち少しペースを上げたランニングも行えるようになります。

継続することで、疲れにくくなってくるでしょう。

 

・足への負担が少ない

ランニングは腰やひざに負担がかかりやすい運動で、毎日続けると、

体調不良やケガの原因にもつながります。

 

それに対して、スロージョギングは足腰に負担が少ない運動なので、

慣れてきたころには、少しずつ足腰に筋肉がついてきているはずです。

 

・ストレス発散、リフレッシュにも

息切れするような運動では、継続することがストレスになりがちですが、

スロージョギングなら、ほどよい疲労感が感じられ、ストレス発散や

リラックス効果も期待できます。

 

また、スロージョギングをすることで血流がよくなって、しっかり酸素を

吸い込むと頭がすっきりして、記憶力や思考力の向上もUPします。

 

スロージョギングは運動後に強い疲労感を感じることもないので、

仕事や勉強の合間にもおすすめですよ。

スポンサードリンク

 

走る速度

スロージョギングでは、1kmだと8~9分くらいで走ります。

隣にいる人と楽しく会話ができるペースですね。

 

目安は、1日30分で、週3~4回ほどです。まずは、休憩しながら、

1日でトータル30分になれば、十分です!

 

ジョギングやランニングなら、目標は距離で決めることが多いですが、

スロージョギングの場合は、距離よりも時間を目安にします。

 

まず、近所のスーパーを小走りで往復+買い物ついでに店内を早歩き

してみるのはいかかですか?

 

 

ウォーキングとスロージョギングの違い

ウォーキングとは、日常生活において最も身近で体にやさしい有酸素運動で、

30分程度のウォーキングだと、だいたい35~50kcal、早足で50~75kcalが消費されます。

 

スロージョギングとは、ウォーキングと同じ程度のペースで走る運動です。

ウォーキングと比べると、消費カロリーは約2倍で、ダイエット向きです。

 

走行フォームは、まず「姿勢を伸ばして歩幅は小さく、肘は脇に添える程度」にします。

また、呼吸がしやすいよう、あごは少し上げます。さらに、「地面を強く蹴らず、

自然な呼吸で、楽しく会話ができるくらいのペースで小走りする」というイメージです。

 

ウォーキングと比べて、走る速度がゆっくりでも、太ももやおしりの筋肉を

効果的に使うことができます。

 

スロージョギングは会話を楽しめる程度のペースなので、家族や友達と一緒に

取り組むにも最適です。私も夫と一緒に運動をすることがありますが、

励ましあえて楽しいですよ。

スロージョギングはほどよい運動なので、軽めの汗も流せて、気持ちがリフレッシュできます。

 

まとめ

今回の記事では、ウォーキングとスロージョギングの違いや、メリットや効果など

についてご紹介いたしました。いかがでしたか?

 

スロージョギングは体の負担が少ない運動方法です。

 

私自身、運動は苦手ですが、スロージョギングを参考にして日常生活を送っています。

主婦という立場柄、自分の運動にたくさんの時間は割けないので、

歩き方や走り方などを意識して生活をしています。

 

スロージョギングはウォーキングよりも疲れにくいのに、しっかり成果が出ていると感じます。

運動は苦手なのに、足腰が強くなっていて、体力もついて、さらに体の疲れも

感じにくくなっています。

 

毎日忙しくてあまり運動する時間が取れない人も、通勤の時間や昼休み、

買い物に行くときなど、移動時をスロージョギングの時間にあてることで、

無理なく続けることができ、短時間でも効果が出やすくなりますよ。

 

今すぐ始めて、健康的な体重や体型を手に入れちゃいましょう!

タイトルとURLをコピーしました